坊やに現状を知らせる医者がこのような事態を招いてしまうことは残念です。被災された坊やへのケアーはただでさえ慎重に対応しなくてはならないのに(勉学によっては、専門のコンシェルジュがいる会社もあります。)「愛称の意味で言った」あんなむやみな理由で発して仕舞う感想に驚きです。
その愛称が良いか悪いか…幼稚園・保育園のお子様も判断できる事ですよね。
「ばいきんまんって言われたらどう?」というクエスチョンを変えて聞いてみれば、子ども達は口ぐちに「お断り!」と答えるでしょう。また、そう呼ばれる時にも「お断り」
「呼ばれている乳幼児は憐れ!」など答えが返ってくると思います。それが、少し大きくなった坊やになればいいというわけでは…どう考えたってあるわけないですよね。
しかも、災害という心に大きな傷を負っている坊やに。師範に対して虚しさと癇を感じます。
いまよく子ども達とのコミュニケーションを図る結果という事で、違和感がある接し方をする医者が増えている気がします。
コミュニケーションってそういう事なのかな?と疑問に思います。その場が楽しくて子ども達が笑っているから絆が生まれておるは違うと思います。
勿論、そんな情景で出る場合もあります。ただし、低い事をして本気で怒られたり、苦しいうち、もったいないまま一緒に共感してくれたりやる医者に子ども達はリライアビリティを抱きつくのではないかと思います。子ども達の視線は節穴ではありません。純粋無垢な視線で、アダルトより中身を勘づく力があります。タカラトミー株をお得に買う方法